鹿田尚樹の「読むが価値」

2008年08月31日

成功したければ「少数派の行動」を取る:【書評家の戦略001】

===============================
【書評家の戦略001】

成功したければ「世の中の人の逆」を行く

===============================

どうも鹿田です。

最近「書評ブログ」も数多く誕生して、
1年前とは随分環境が変わってきました。

この数多い「書評ブログ」の中で・・・

・いかに自分のブログの認知度をあげられるか
・多くの方に影響を与えられるか
・多くの方に紹介した良書を読んでもらえるか


この「明文化されていないルール」を、
多くのビジネス書からの言葉を借りて「明文化」していきたいと思います。

この「書評家の戦略」におけるルールは、
一般ビジネスの世界でも大いに有効活用できる法則を中心に、
書いていますので、ぜひ一般ビジネスの応用に・・・

・年収を上げるヒント
・一歩抜け出す社員になる
・独立してビジネスで成功する

こういった視点で、参考にしていただければと思います。

その第一回はこれです!

===============================
【書評家の戦略001】

成功したければ「世の中の人の逆」を行く

===============================


続きは↓

続きを読む

2008年08月30日

ブログdeパーソナルブランディング:サラリーマン著者の会

どうも鹿田です。

昨日は、突然の雨が降る中、池袋の地を歩いておりました。
この日は川島康平氏主催の「サラリーマン著者の会」でした。

DSCF4035-220.jpg

はやくも・・・
『悩める25歳平凡会社員の「多読」成功術』のhiroさんが、
素晴らしい記事にまとめていただいております。

<追記>

他の参加者のみなさんも続々と記事化!

【Web商人に会ってきました!】第二回サラリーマン著者の会に参加!:【自己研磨ブログ】大森陽介の「成功へのアウトプット!」

サラリーマンが出版する方法:価値組!サラリーマンになって年収1000万稼ぐ!!

【参加者一覧】

・主催者

@川島康平氏
『反応率4.8%のホームページ制作術『ラストワンクリック』の思いがけないコツ』
・『ウェブ心理学』(同文館出版)
・『1000人のマーケットで1億稼ぐ!』(同文館出版)

・書評ブロガー(4人)

@hiroさん
『悩める25歳平凡会社員の「多読」成功術』

Akoukiさん
『アウトスタンディング エンジニア』
     
B大森さん
『成功へのアウトプット』

C・・・そしてワタクシ鹿田です。


・出版予定(計画中)の方(2名)

@社内自由人さん
『会社に依存しないサラリーマン、社内自由人になる方法』

Aタカフミさん
『理系スタイル』

というメンバー的には濃ゆい方が揃いました(笑)


会の詳細については・・・
hiroさんの「素晴らしい記事」や他の方のものを参考にしていただきまして(汗)

【Web商人に会ってきました!】第二回サラリーマン著者の会に参加!:【自己研磨ブログ】大森陽介の「成功へのアウトプット!」

サラリーマンが出版する方法:価値組!サラリーマンになって年収1000万稼ぐ!!


それぞれが「ブロガー」というネット上で活動していますが、
ネットだけでの関係に留まらず「リアル」に落とし込むことで、
色んなコラボレーションが生まれる可能性があります。


今回もまた、色々な面白い提案がありました。

・ネット上での関係を、リアルにも繋げる

この重要性を再認識させていただいた会でした。


・追記

この会に参加ご希望される方は・・・
mixiのコミュニティで「サラリーマン著者の会」を探してみてください。






2008年08月29日

『楽して成功できる 非常識な勉強法』@川島和正

楽して成功できる 非常識な勉強法

どうも鹿田です。

本日の一冊は「インターネットビジネスの専門家」の川島和正氏の一冊。
『楽して成功できる 非常識な勉強法』

著者・川島和正氏より献本御礼。


この1年間で、もっとも書評が難しかった本です。


本書の内容は・・・
「落ちこぼれ → 年収1億円作家」となった著者の成功までのプロセスを公開している一冊です。

「非常識な勉強法」とありますが、内容は至って「シンプル」
そして「王道」の成功哲学を綴っています。

・自分を知る
・自分の夢を書き出す
・行動計画を作る
・脳をコントロールする=「潜在意識を活用する」
・実際に行動する


この過程を著者が実際に行ってきた過程とエピソードを加えて公開しています。

中でも特に秀逸なのが「6章 脳をコントロールする」で、
「食」「栄養」について語られていますが、

・集中力を高めるための「栄養素」
・自信をつけるための「筋トレ」
・脳の回転を早くするための「食べ物」


「食」にまで切れ込んだ「成功哲学」「勉強本」はこれまであまりありませんでした。

至極真っ当な「成功哲学」ですが、それを実際に紙に落とし込み、
行動の助けとなるようなメソッドを著者が公開しています。

ところで・・・
この本に関していえば「非常識な勉強法」というタイトルが、
ミスマッチだという気がします。

内容は「常識的な成功哲学」なので、
読者が「なんだ期待してたのと、違う!」
と思う可能性の高い一冊だと思っています。

そして、鹿田自身そう感じた張本人です(笑)


この内容が「非常識」になってしまったのであれば、
世の中の「成功哲学」も随分と変わってしまったなという感じです。

「勉強法」というタイトルだったので、鹿田的には・・・
「インターネットビジネス」で活用した川島氏の言葉のレトリックや、
どんな哲学をもって情報や、商材を販売していったのか。

そういったものを大いに期待していたのでした。
この辺は、お会いする機会があれば、個人的に聞いてみようかと(笑)

最後の「オススメ書籍リスト」が個人的には、一番美味しかったです。

「あぁ、これで文章の書き方を学んだのか」
「確かにこのレトリックを使っていたなぁ」

と読書経験の多い方はピンと来る本が、勢ぞろいです。

タイトルと中身にギャップの多い一冊ですが、
興味のある方は、ぜひ読んでみてください。


楽して成功できる 非常識な勉強法


2008年08月28日

『最高のスタッフの育て方』@近藤昭一

3000人を即戦力に変えた一流ホテリエが教える 最高のスタッフの育て方

どうも鹿田です。

本日の一冊は長年ホテルマンとして、
「一流のサービス」を提供し続けた著者・近藤昭一氏の新刊。
『3000人を即戦力に変えた一流ホテリエが教える 最高のスタッフの育て方』

日本実業出版社・滝様より献本御礼。


一流のサービスの裏側にある、一流の育成方法
のすべてを公開しています。

ホテルという舞台が現場ですが、
「人罪」を「人財」に変える技術一流の意識付けの方法
ビジネスパーソンとしての基礎スキルの鍛え方など、
著者の長年のノウハウが実体験・エピソードを元に細かく書かれています。

特に鹿田的には「サービスの価値は4つにわけられる」は、
「なるほどなぁ」と、このブログでも通ずるところがあり、

これからは・・・

・「願望価値」

・「予想外価値(感動価値)」


を念頭に、コンテンツを書かないといけない
という気づきも得られました。

(「願望価値」「予想外価値(感動価値)」については29ページを参照してください。)


今年は「上司本」が売れているようですが、
本書もまた「組織における管理職」が読む一冊としては、
非常に役立つ一冊です。


著者の「一流」に対するこだわりが、
本書のあらゆる文体に表れていて、
読んでいるとコチラまで居住まいを正してしまう一冊でした。


鹿田も著者の勤務していた京王プラザホテルグループに、
何度も足を運んだことがありますが、
そのホテルスタッフの対応には、いつも感心させられていました。

まさしく「一流の対応」を伝授するにふさわしい著者が書いた一冊です。

接客・人材育成において素晴らしい知識が手に入るはずです。

ぜひ、読んでみてください。

3000人を即戦力に変えた一流ホテリエが教える 最高のスタッフの育て方

2008年08月27日

『バカ売れキラーコピーが面白いほど書ける本』@中山マコト

「バカ売れ」キラーコピーが面白いほど書ける本

どうも鹿田です。

本日の一冊は中山マコト氏の最新刊。
『バカ売れキラーコピーが面白いほど書ける本』

著者・中山マコト氏から献本御礼。


前作『「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本』の派手な表紙にも、
負けず劣らず今回も派手な装丁(笑)

しかし、読んでみて驚き!

キラーコピーの強烈な破壊力を思い知りました!


「キラーコピーを作り上げるチカラ」

これこそ、

現代でもっとも「学ぶべき」スキルです!


・全てのセールスマン

・影響力あるブロガーを目指す人

・出版をめざす人

・社内で出世したい人

・これから起業を考えている人



「ライティング」のチカラ。
「コピー」を作るチカラ。

間違いなく本書から、素晴らしいノウハウが学べます。


ということで、いってみましょう!


続きを読む

2008年08月26日

『リアル経済学』@ベンジャミン・フルフォード

ベンジャミン・フルフォードのリアル経済学

どうも鹿田です。

本日の一冊はベンジャミン・フルフォード氏の新刊。
『ベンジャミン・フルフォードのリアル経済学』

ちょうどタイミングよく、
『悩める25歳平凡会社員の「多読」成功術』のhiroさんが、
『ヤバイ経済学』を紹介されていますね。

『ヤバイ経済学』と『リアル経済学』の経済学つながりということで(笑)

コチラの本も『リアル(にヤバメの)経済学』ですが(汗)


これまでも数多くの、

・世界経済
・日本経済
・経済の「ダークサイド」

に、焦点を当てて著作を生み続けた著者ですが、
今回も非常に「ダークサイド」に切れよく食い込んでいます。

・マーケットは人間の欲望で動く

・支配者による山分けの構図

・「水」を制するものがマネーを制する

・中国語とヒンディー語の投資価値


目次の項目だけでも、一読の価値ありです。

真の「経済的自由」を手に入れるために、われわれは何を知り、どう考え、どう行動すべきか。



ということで、いってみましょう!


続きを読む

2008年08月25日

『ベストセラービジネス書のトリセツ』@松田尚之+斉藤哲也

いまさら人に聞けない! ベストセラービジネス書のトリセツ

どうも鹿田です。

今日の一冊はベストセラーを総まとめで紹介している一冊。
『ベストセラービジネス書のトリセツ』

3年前に発行されている本書ですが・・・

ビジネス書好きにはなかなか面白い一冊です。

近年のベストセラーの「快読のツボ」「効能&使用上の注意」という書評の要素も兼ね備えているところがまた素晴らしい。

「書評」だけではなく、著者の紹介「著評」も交えていてズバズバ切っているところがまた爽快(笑)

一番のツボだったのは・・・

「カリスマのツボ」として書かれた、中谷彰宏氏に対する一言。

中谷彰宏

実用書として『面接の達人』を使いこなした後は・・・

早めに卒業すべき一行コピー羅列本作家


爆笑でした(笑)
ちょっとカワイソウ(涙)

ということで、続きは↓


続きを読む

2008年08月24日

残席10席を切りました!:『聞くが価値』vol.03

どうも鹿田です。

今日はスペインから日本の料理・文化を学びに来ている知人と、日本の料理文化を巡る予定でしたが、語学のすれ違いにより明日になってしまいました。

語学のすれ違い(笑)
鹿田の英語力もまだまだです(汗)

そこで、一日空いた時間を9月20日(土)に開催する…

『聞くが価値』vol.03
「出版」と「投資」から学ぶ、最強の人生プロデュース戦略

こちらで話す予定の講演資料を作成していました。

今回のゲスト講師・午堂さんのアウトラインも拝見しましたが、

・「出版を目指す人」
・「ブランド化を通して、ビジネスを成功させる人」


非常に有用な情報が詰まっているセミナーになりそうです。


今日作っていた資料のアウトラインだけ説明すると・・・

・本が売れる方程式:y=ax+bz+c

・出版する人間が共通して持っている「自分メディア」の特徴

・最強の「自分メディア」を作る強力メソッド

・100万円を5ヶ月で30倍に変えた方法

・鹿田式「投資の本質」と「自分メディアの原則」



鹿田の経験と体験を踏まえた、エピソードを用意しています。

ご参加希望の方は、ぜひお早めに!


* 残席9席です。
----------------------------------------------------------------
★☆ 開催決定 ☆★
第3回『聞くが価値』(東京・渋谷)9月20日(土)18:30〜21:00
『聞くが価値』vol.03
〜「出版」と「投資」から学ぶ、最強の人生プロデュース戦略〜
----------------------------------------------------------------
講 師:午堂登紀雄・鹿田尚樹
日 時:9月20日(土)18:30〜21:00
参加費:7000円
定 員:30名限定
会 場:企画塾JMMOセミナールーム
住 所:渋谷区渋谷1-8-7 第27・SYビル 8F
懇親会:希望者のみ(5000円)
内 容
・サラリーマンが商業出版を実現する条件
・「投資」と「出版」から考える、最強の人生戦略の築き方
・自分の「ブランド価値」を最大化させる自己投資術
・本を出版する人の「自分メディア」の共通点
・起業・出世・転職なんて関係ない「個人メディア」の威力
など
----------------------------------------------------------------

2008年08月23日

『人はこの心理術に99%だまされる!』@デヴィッド・リーバーマン

人はこの「心理術」に99%だまされる!

===============================

「印刷物は嘘をつかない」という最強のペテン

「嘘には三種類ある。それは、ただの嘘と真っ赤な嘘、統計の三つだ」



ベンジャミン・ディズレーリ(イギリスの政治家・小説家)

===============================

どうも鹿田です。

今日の一冊はアメリカで注目されている心理学博士・デヴィッド・リーバーマンの著作。
『人はこの心理術に99%だまされる!』


ビジネスを学びたい!と思っている方には、

「心理学をマスターした方がいい。」

とよくアドバイスしています。


よく言われる言葉に・・・

「相手の欲を満たし喜ばれた対価として報酬をもらう。現代では、これをビジネスと呼ぶ」

という言葉があります。



は全ての行動の動機です。

「詐欺」というのは、
その「欲」を上手に使って相手から
「モノ」なり「お金」を騙し取るのです。

・自分の「欲」

・相手の「欲」


これを知ることは、自分を守ることにもなり、
またビジネスを成功させるための必須条件です。

その「心のカラクリ」を書き綴っているのが・・・

『人はこの心理術に99%だまされる!』(著・デヴィッド・リーバーマン)

本書の中の一文に・・・

「印刷物は嘘をつかない」という最強のペテン

「嘘には三種類ある。それは、ただの嘘と真っ赤な嘘、統計の三つだ」

人間はどういうわけか「統計」という言葉に驚くほど弱い


日本人は「活字」と「統計」には影響力を受けやすい。

このあたりも、ぜひあらゆるビジネスを見るヒントになります。


ぜひ、本書で「心のカラクリ」を学んでみてください。

オススメです!

人はこの「心理術」に99%だまされる!

2008年08月21日

『時間の「投資」術』@荘司雅彦


時間の「投資」術!―人の10倍効率を上げるカリスマ弁護士の

どうも鹿田です。

今日の一冊がカリスマ弁護士・荘司雅彦氏の新刊です。
『人の10倍効率を上げるカリスマ弁護士の時間の「投資」術』


1分1秒を、徹底的に”有効活用”

その時間に対する意識はまさしく「男性版:勝間和代」です。


「無駄」を最小化し、「最短距離」を突っ走る、
時間の思考哲学は目から鱗です。


ということで、いってみましょう!


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。