鹿田尚樹の「読むが価値」

2009年02月28日

『知っているようで知らない「法則」のトリセツ』@水野俊哉

4198626707知っているようで知らない 法則のトリセツ
水野 俊哉
徳間書店 2009-02-26

by G-Tools


どうも鹿田です。

今日ご紹介するのは・・・
『知っているようで知らない「法則」のトリセツ』
水野俊哉氏の一冊です。


2大書評が上がった中で・・・

・成功本100冊分のエキス - 書評 - 法則のトリセツ:404 Blog Not Found
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51182518.html


・【豪華キャンペーン有】「知っているようで知らない 法則のトリセツ」水野俊哉:マインドマップ的読書感想文
http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/51622926.html


鹿田が書くことは何もありませんが・・・(笑)


まずは1つ・・・

昨年末に水野さんが力作として世の中に出していただいた・・・

コレ↓

ブロガーマトリックス_2008(2)-170.jpg

(ブロガーマトリックス)

p.177に掲載されていますよ、というご報告!
(水野さん、ありがとうございます!)

それから少しだけ本書に触れてみます。

続きは↓


続きを読む

2009年02月27日

鹿田の「抜擢」エピソード:高校野球時代の思い出

どうも鹿田です。

昨日は「聞くが価値」第七回のお知らせで・・・

今年は「抜擢」が最重要課題です!

と書きながら、自分の「抜擢」体験を思い出していました。


一番最初に思いついたのが・・・

高校野球をやっていたときエピソード


続きは↓【冴えない選手・鹿田のメンバー入りを決めた「抜擢」】

続きを読む

2009年02月26日

「聞くが価値」vol.07:世界級キャリアの女性経営者から学ぶ、抜擢される人に必要な「仕事力」と「人脈力」with 田島弓子氏・岡島悦子氏

聞くが価値vol.07-300.jpg

----------------------------------------------------------------
★☆ 開催決定 ☆★
第7回『聞くが価値』(東京・新宿)3月29日(日)13:30〜17:00
■世界級キャリアの女性経営者から学ぶ、抜擢される人に必要な「仕事力」と「人脈力」
----------------------------------------------------------------

どうも鹿田です。

「聞くが価値」を久し振りに東京で開催します。
今回は「聞くが価値」史上初!となる・・・

女性著者のコラボレーションとなりました!

その注目の講師は・・・


『ワークライフ”アンバランス”の仕事力』の著者・田島弓子氏

tajima.jpg



『抜擢される人の人脈力』の著者・岡島悦子氏

ceo.jpg



昨年は「出版を目指す!」というテーマを共通して「聞くが価値」でお尋ねしてきました。

その中で第四回に登場していただいたディスカヴァー21社の社長・干場弓子氏の言葉が非常に記憶に残っています。


「書く時の10倍、本業に力を入れる」


ビジネスマンとして、活躍していく上で、これ以上ない本質を突いた言葉だと思っています。


「出版を目指す」や「自分ブランドを確立する」というビジネスマンが、忘れてはいけないことは・・・

「本業での成功」を、まず目指す!ということです。


日々の「本業」をめた上で、自分の実績を下に出版を目指すなり、ブランディングを立てていくというのが、紛れもない「王道」だということです。


ではその「本業」で活躍するためには、どうしたらいいのか?


それが、今回のメインテーマになっています。


今回の講師である岡島悦子氏の著書にはこう書かれています。

・活躍できる人、できない人の差は「抜擢」
現在のような変化の速い時代に、個人の市場価値を高めるキーワードは「抜擢される機会を創出する力」ではないかと、私は思います。

はじめは同じくらいの能力と意欲があったとしても「抜擢された人」と「されない人」の間には、実績という名の大きな開きができていくのです。
『抜擢される人の人脈力』(p.2)


現代で「カリスマ」と呼ばれるビジネスパーソンの多くが、サラリーマン時代に経験してきたことは何か?

・堀紘一

・松本大

・藤井清孝

世界一流の企業から、カリスマと呼ばれるようになった彼らの共通点

それが「抜擢」なのです。


堀氏にしても、松本氏にしても、藤井氏にしても、同じくらいの「能力」や「意欲」を持ち合わせていた人は、周りにも多かったはずです。

その中で抜け出して、彼らが選ばれ「抜擢」された理由は何か?


その大きな要因のひとつが・・・

「人脈構築」つまり「コネクション」です。

自分の「コンテンツ」を強化するとともに、それを引き上げてくれる「コネクション」を持ち合わせていることが、抜擢される人の必要な条件だということです。


それからもうひとつの要因が・・・

「能力開発」

これはつまり「いかに仕事に打ち込めるか」ということだと思います。

自分の本業に対して「自分のコンテンツを強化」するために「仕事に打ち込む」こと。


この2つの要因が備わっているからこそ・・・

「抜擢される人」

となり、「活躍できる機会」を得ることができたのだということです。


「抜擢」は本業で成功を目指す上での「起点」(スタート)なのです。


20代や30代などのキャリアの早めの段階で「活躍の機会」を獲得すること。

それをきっかけに「実績を積み上げる」こと。

その「実績」がさらに大きな「活躍の機会」をもたらすこと。


この一連のプロセスが「自分の価値を高める」ことに繋がり・・・

「自分で仕事を選べる」ようになり、「自己実現」につなげることができる。


今回はその「プロセス」や「抜擢される人の共通点」を・・・

「仕事力」で世界級キャリアを作り上げた田島弓子氏に・・・

「人脈力」で世界というフィールドで大活躍している岡島悦子氏に・・・

その「秘訣」をお話しいただきます!


不況の時代、先が見えない不透明な時代歴史的な大きな転換点には・・・

必ず「抜擢」というキーワードが登場します。


2009年はまさしくそんな時代。

だからこそ・・・

今年は「抜擢」が最重要課題なのです!


この「抜擢」のお話を、2人の素晴らしい講師に聞ける機会は・・・

おそらく今回限りですので、ご興味ある方はぜひ!


【申込はコチラ↓から】
http://www.formpro.jp/form.php?fid=40577


----------------------------------------------------------------
【開催概要】
名 称:「聞くが価値vol.07」
テーマ:世界級キャリアの女性経営者から学ぶ、抜擢される人に必要な「仕事力」と「人脈力」
講 師:
・田島弓子氏『ワークライフ”アンバランス”の仕事力』
・岡島悦子氏『抜擢される人の人脈力』
日 時:3月29日(日)13:30〜17:00
参加費:7000円
定 員:40名(先着順)
会 場:新宿NSビル3階(新宿)
懇親会:あり
----------------------------------------------------------------

■講師プロフィール

田島弓子氏:『ワークライフ”アンバランス”の仕事力』

tajima.jpg


ブラマンテ株式会社代表取締役。
1967年生まれ。成蹊大学文学部卒業。
IT業界専門の展示会主催会社などにてマーケティング・マネジャーを勤めた後、1999年マイクロソフト日本法人に転職。
約8年間の在籍中、Windowsの営業およびマーケティングに一貫して従事。
最終的には当時営業・マーケティング部門では数少ない女性の営業部長を勤める。
在籍中、個人および自身が部長を務めた営業グループでプレジデント・アワード2回受賞。
また社内幹部候補としてリーダーシッププログラム等への参加経験も持つ。
2007年キャリアおよびコミュニケーション支援に関する事業を行うブラマンテ株式会社を設立。
個人および企業向けキャリア、コミュニケーションのコンサルティング事業などの活動を行う。


岡島悦子氏:『抜擢される人の人脈力』

ceo.jpg


株式会社プロノバ 代表取締役社長。ヘッドハンター。ハーバード大学MBA。
三菱商事、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、2002年グロービス・グループの経営人材紹介会社、グロービス・マネジメント・バンク立ち上げに参画。2005年より代表取締役。2007年に「経営のプロ」創出のシンクタンクであるプロノバを設立、代表取締役就任。社名のプロノバは、プロの「場」の意。
ベンチャー企業、再生中の企業等を中心に、年間約 100名の「経営のプロ」人材の紹介実績を持つ。人・組織開発の領域において、経営者、VC・PEファンドなどの株主から絶大な信頼を寄せられ、経営チーム組成や次世代経営者育成アドバイスなど、経営者・株主のディスカッションパートナーとしても豊富な実績を保有。キャリア、リーダーシップに関する講演多数。
経営共創基盤にて、支援先の経営チーム組成支援や、同社の人材・組織開発のアドバイザーとしても活躍中。グロービス経営大学院客員教授(リーダーシップ領域担当)。
ダボス会議運営の世界経済フォーラムにより「Young Global Leaders 2007」に選出されるほか、総務省、内閣府委員等を歴任。


なお、本セミナーを深く理解するためには講師の著作をあらかじめ読んでおくことをオススメします。
(加えて鹿田の記事もご覧いただけるといいと思います)

488759674Xワークライフ“アンバランス”の仕事力
田島 弓子
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-11-19

by G-Tools


【書評記事】
『ワークライフ”アンバランス”の仕事力』@田島弓子
http://www.yomugakachi.com/article/109937468.html



4492043284抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリー
岡島悦子
東洋経済新報社 2008-12-12

by G-Tools


【書評記事】
『抜擢される人の人脈力』@岡島悦子
http://www.yomugakachi.com/article/111506609.html



【申込はコチラ↓から】
http://www.formpro.jp/form.php?fid=40577

2009年02月25日

「赤いクリップの男・カイル氏」のWELCOMEパーティーに行ってきました!


赤いクリップで家を手に入れた男----ネット版わらしべ長者ものがたり赤いクリップで家を手に入れた男----ネット版わらしべ長者ものがたり
西山佑

by G-Tools


どうも鹿田です。

昨日は『赤いクリップで家を手に入れた男』のカイル・マクドナルドさんのウェルカムパーティーに参加してきました!

彼の「赤いクリップ」ストーリーには社会の縮図がありました。

そんな彼に鹿田が質問したこと。


「交換した人たちとの間に共通していたことはありますか?」


続きは↓【交換の本質を理解するのに、最高に優れたお手本書】

続きを読む

2009年02月24日

【インタビュー】傳智之氏(技術評論社書籍編集部):『サラリーマンが出版するための100の方法』vol.05

出版は個人にとってのIPO

『レバレッジ人脈術』本田直之


「個人×ブランド化」時代に、
サラリーマンでも「自分をブランド化」する方法。

それが「出版」です。

このシリーズも第5回目です!

今回も、サラリーマンでありながら出版を実現する方法を編集者の方に、インタビューをしてきました。

『サラリーマンが出版するための100の方法』vol.05です。


その第5回目の方は・・・

問題は「数字センス」で8割解決する問題は「数字センス」で8割解決する
望月 実

by G-Tools


読むが価値でもお馴染みの一冊を生み出した・・・

技術評論社 書籍編集部の傳智之氏です。


ということで、いってみましょう!

続きを読む
タグ:傳智之

2009年02月23日

『赤いクリップで家を手に入れた男』@カイル・マクドナルド

赤いクリップで家を手に入れた男----ネット版わらしべ長者ものがたり赤いクリップで家を手に入れた男----ネット版わらしべ長者ものがたり
西山佑


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どうも鹿田です。

今日ご紹介するのは・・・
『赤いクリップで家を手に入れた男』
カイル・マクドナルド氏の一冊です。


赤いクリップから14回の取引(物々交換)を経て、最後には「一軒家」まで手に入れてしまった「物々交換物語」がついに本で登場しました!

去年の年末くらいに何かのニュースで読んで以来、この物語にすっかりハマッてしまっていたので、とても待ちわびていた一冊です。

もうね・・・



本当に、面白いよ!この本。



その「面白い」理由もご紹介します!


続きは↓【物語としても、ビジネス書としても素晴らしい】


続きを読む

2009年02月21日

今の政治(自民党)は案外正しい【政治は国民の鏡】



どうも鹿田尚樹です。

「麻生太郎降ろし」と「中川辞任問題」で支持率急落だそうです(笑)


数年前まで国会議員秘書として仕事してましたから・・・

ま、簡単に所感を述べますと・・・


今の「自民党政権」を選んだのは「国民」です。


これは間違いない。


続きは↓【政治は国民性を反映する鏡】

続きを読む

2009年02月20日

ブランド力の維持向上は本当に大変!:『ブランドづくりの教科書』


どうも鹿田です。

今週はこの本ばかりですね(笑)
『ブランドづくりの教科書』@林田正光
ブランドづくりの教科書ブランドづくりの教科書
林田 正光

by G-Tools



何度も読み直しても、新しい発見があるんです。

ところで・・・


本当にブランドの維持向上って大変です!


続きは↓【聞くが価値vol.07もうすぐ?】

続きを読む

2009年02月19日

「人は外見で判断する。本当の姿を知ることが出来るのは少数の人間だけ」:『一生モノの人脈力』


どうも鹿田です。

2月1日に開催した大阪での「聞くが価値」にも関連するトピックですが・・・

「やっぱり外見だよね」

というお話。


続きは↓【人は外見で判断する】


続きを読む

2009年02月18日

カリスマ達から学ぶ、第一印象の良い話し方・悪い話し方:『人の印象は3メートルと30秒で決まる』


どうも鹿田です。

今日は「第一印象」を決める、話し方についてのお話。

これであなたの「話し方」も大分変わるはず!


続きは↓【カリスマ達から学ぶ、第一印象の良い話し方・悪い話し方】


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。