鹿田尚樹の「読むが価値」

2010年03月30日

【大阪】勉強会"まなびた"で講演をしてきました!

100330-01.jpg

多田健次さん主宰の勉強会"まなびた"のvol.05に参加してきました。

今回は講演する機会を頂きまして、"自分を変えるアピール術"というテーマ。
まるるちゃんこと、丸山純孝さんと通算で3回目となる講演コラボをさせていただきました。

講演の模様は、早速にchampleさんスマイルシグナルさんがブログに上げてくださっています。

主宰をされた多田健次さんも、ブログに書いてくださったchampleさんも、元はといえばブログにコメントを下さったり、コメントをしたりということがキッカケでの出逢い。

それが1年して、2年も近くなるとこうして大阪に招いてくださったり…
新世界で串揚げを食べに行ったりとする仲になる、というのも当時から考えると非常に感慨深い。


あの1通のメールから始まったディスカヴァーさんとの出逢いも、この1つのコメントから始まった大阪のお二人との出逢いも、コメントやメールと言うアクションがキッカケとなったもの。

たかが、メール。
たかが、コメント。

されど、メールであり、されどコメントなのである。


今日出す1通のメールが、2年後の大きな出逢いのキッカケになるかもしれない。
今日書く1つのコメントが、2年後に大きく実を結ぶかもしれない。

そう考えると、昔も今も未来も、ずっと繋がっていると感じるわけです。


さりげないアピール、というほどのものでもないが…

そうやって行う、"今のアクション"の積み重ねが「未来」なんだと改めて実感して…

また一つ身を引き締めようと思うのである。

主催者の多田さん、そして参加者のみなさん、本当にありがとうございました!

2010年03月24日

【勉強会in関西】1日の出逢いは、1年分の成長になるよね(3.27 & 4.3)

関西にお住まいのみなさんへ。

今週末3月27日(土)と来月4月3日(土)に、大阪での講演会(勉強会)に行きます。


3.27 成長思考セミナー「まなびた!」
【テーマ】うまく自己アピールできれば見える世界が変わる!〜鹿田流記録ブランディング (ブログ、セミナー、読書活用法など)

"自己アピール"ということで、自分を好意的に多くの人に知ってもらう、、、ということにお話する予定です。
商品でも人もそうですが、モノが良くても人に知ってもらわなければ買ってもらえません。

アピールは派手なものをやれば目立つというものではありません。
アピールの本質は"違い"の見せ方にあるのです。

私が書籍の中で、ブログの中で日々のアクションの中で…
どんなアピールを実践したのか、そんなテーマでお話します。

日時:13:30〜
場所:エルおおさか(大阪府立労働センター)
参加費:5000円


4.3 これからの5年を変える会(定例勉強会)
【テーマ】「記録&整理」

先月末に東京でも開催したこの勉強会。主催者の本拠地大阪での開催になります。
こちらはほぼワーク形式で、「あなた自身の記録」を作り込む作業をします。

人生にもっともレバレッジが効く記録って何だろう?ということを突き詰めると、あなた自身の記録、つまりプロフィールを作り込むことにあります。
作りこんだ記録を、最後にどんどん捨てることで磨かれたプロフィールになっていきます。

この勉強会では、記録捨てる(整理)を繰り返すことで、自分をあらゆる角度から発見することができるでしょう。

日時:18:30〜
場所:ドーンセンター(大阪)
参加費:3000円


どちらも貴重な機会です。ブログや書籍は自分が読みたいときに読めるものですが、実際に同じ会場にいるということは、ある意味で"奇跡的"な確率です。

今回の主催者の多田健次さんや富田英太さんも、こうした機会に偶然"同じ場所にいた"という出逢いがキッカケになっています。

私の話もみなさんの成長に繋がるようなことをお話したいと思いますが、一番の成長は同じ場所に"誰と一緒に同じ時間を過ごすか"ということなのです。

1年間でこうして続けて関西にいく行く機会も、あまりありませんのでせっかくの機会です。
みなさんで一緒に勉強して、成長しましょう!

2010年03月23日

【プレゼンテーション】『世界最強のプレゼン術』を読んで。

100323-01.jpg
『世界最強のプレゼン術』ジェリー・ワイズマン(著)

ヒグチ君、急な質問ですがスピーチの経験はありますか?

恐らく君はまだ若いので、スピーチプレゼンをする機会はあまりないことでしょう。

しかし、年齢を重ねて役職が上がるに連れて、スピーチやプレゼンの機会も増えてくるかもしれません。

人前で話すことがうまくいくと、君自身の評価にも大いに影響があります。

今からでも、スピーチやプレゼンの基本を勉強しておくといいでしょう。


ところで、先日あるプレゼンを見る機会がありました。

とても酷いプレゼンでした。


約40分程度のプレゼンなのですが、聴衆の後ろ姿から「来て失敗だった」「早く終わってくれないかな」という雰囲気が滲んでくるものだったのです。

君はなぜそんな雰囲気になってしまったのかわかりますか?


プレゼンには「伝えること」「伝え方」という2つの要素があります。

何をどのように伝えるか、ということです。

しかし、もう1つ重要な「視点」があるのですがわかりますか?


それは「聴き手」という視点です。

「伝えること」も「伝え方」も聞き手の存在を考えなければ、ジャイアンがカラオケをしているようなものです。

そう、ひどく不快なものなのです。


君が立ち上げようとしている「ヒグウェイ」も、多くの人にその良さを伝えなければなりませんよね?

そのときに、相手の立場も考えずに、自説だけ延々と話してしまったらどうなるでしょう?

恐らく、聞いている人は君の意見に共感や賛同してくれることはないでしょう。


この本には、世界最強の名にふさわしい人たちのプレゼン技術が紹介されています。

一般社会人である君にはまだ早いですが、少しくらいは身につけておいても仕事でも役に立つはずです。

将来、本当にヒグウェイを立ち上げるのであれば、まさしく身につけて損はない1冊といえるかもしれません。ぜひ、読んでみてください。

【読書メモ】『世界最強のプレゼン術』@ジェリー・ワイズマン

●スピーチのスタイルと伝え方は、IPOの価値を高める

●聴き手の立場に立つ
私がクライアントに教える中で、もっとも重要としていることの1つが「聴き手の立場に立つ」ことだ。プレゼンター自身が聴き手と同じ目線にたち、彼らが何を望み、何をおそれ、どんなことに夢中なのかを考えよう。

●「あなた」という言葉を効果的なコミュニケーションの究極の要素と考える
インターネットを検索すると、12の最も説得力のある英単語についてイエール大学の研究がでてくる。そのトップが「あなた」「あなたがた」「皆さん」を表すYouという言葉だ。

●焦点を自分から聴衆に切り替え、一人ひとりと会話をする
自分がうまくやっているかに気を回すのではなく、聴衆がどう反応しているかを見よう。

●愚かなのは、同じことを同じ方法でやりながら、違う結果を期待することだ。

アメリカの企業家が学ぶ世界最強のプレゼン術
アメリカの企業家が学ぶ世界最強のプレゼン術持田 直武

WAVE出版 2010-02-20
売り上げランキング : 2040

おすすめ平均 star
star邦書では類書が少なく、日本人が苦手と言われる「テクニック」を学べます
star具体例の分析が役に立ちます。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2010年03月19日

【仕事術】ヒグウェイに『なぜあの人は仕事ができるのか』を薦めたい。

100319-01.jpg
『なぜあの人は仕事ができるのか』中谷彰宏・著

*読者のみなさん、すみません。今日もヒグチ宛に書いてます。


ヒグチ君、いよいよ来月から社会人になりますね。

「鹿田さん、俺、幹部から超期待されてるっポイっす」

"幹部"の表現は頂けませんが、君は割と頭の回転が早いことはよく知っています。

しかし、君の頭の回転が早さを、仕事に直結することはすぐには難しいでしょう。

なぜなら、日常の頭の回転の速さと、仕事の頭の回転の速さは違うからです。

短距離走と長距離走では使う筋肉が違うよね?といえば、わかるでしょうか。


ヒグチ君、君は良い返事をします。

声も大きいし、返事も早い。これは、仕事ができる人の特徴です。

しかし、君はなぜ「返事が良い」と仕事ができる人、と言われるのかよくわからないと思います。

それは君がまだ、社会で仕事をしたことがないからです。

そう、まだ短距離しか走ったことがないランナーなのです。


だからこそ、この本を読んで長距離とはどんなものなのか。

社会で「仕事ができる人」とはどんな人なのかを、知ってもらえると嬉しいのです。

そうすれば、君はいま持っている長所をすぐに社会の中での武器にできるわけですから。


あ、そうそう。

社会で働いているからといって、みんなが仕事ができる人だとは限りません。

「長距離」は走っているけど、速いランナーではない人がたくさんいます。

それはみんな走り方の型を知らないか、独自のフォームで走っているからなのです。

君は賢いから、速い人の走り方をすぐに自分に取り入れることでしょう。


そう、いい先生のお手本を素直に真似てみてください。

君は知識はないけど、吸収力はあることを私は知っています。

仕事ができるようになりたいと思ったら、この先生から吸収することを私はおすすめします。

ちゃんと体得すれば、君は一年で"仕事ができる人"と呼ばれることでしょう。

まぁ、でも…

そんなヒグチ君の姿を、私は想像することはできませんが(笑)
なぜあの人は仕事ができるのか
なぜあの人は仕事ができるのか
ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 6340


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010年03月18日

【オリジナルワン】人に認められる、もっとも確実な方法は?

100318-01.jpg

誰かに認められたい!そんなとき、どんなことを考えたり、アクションしていますか?

●人に認められるもっとも確実な方法は、認められようとしないことだ。

ビジネスでも、アートでも同じこと。恋愛でもセックスでもそうだろう。このレッスンは他のたくさんのことにも当てはまる。


モテる男性が、モテようとしないところが逆に「余裕がある」と受け取られてモテてしまうように…

認められようと頑張っている人は、余裕がないように見える。
だから、その人は気持ちとは裏腹に認められなくなるのかもしれない。

"米国で100万超ダウロードを記録したe-book待望の書籍化!"という、米国超人気ブログ主宰の著者の本から学びました。


自分の人生をもっとクリエイティブなものにしたい!
オリジナルな人生を創造したい!という著者の歩んできた軌跡が綴られています。

【読書メモ】『オリジナルワンな生き方』ヒュー・マクラウド(著)

●たくさん時間をかけた人が勝つ
どんなことでも、意味のあることを実現しようと思ったら、時間を惜しむべきじゃない。失敗と成功を分ける要素の90%は、時間であり、努力であり、スタミナだ。
(作品の魅力は、作者がつぎ込んだ時間で決まる。)

●いいアイデアが最初から認められることはない。
すぐれたアイデアは既存の秩序の中で生まれる。だから、そのアイデアをはじめからサポートしてくれる人は、まずいない。すぐれたアイデアは孤独な幼年期を過ごすものだ。

●ものを売ることは意外と難しい
"売れ線"を狙った無難なものは、結局つまらないものにしかならない

●人に認められるもっとも確実な方法は、認められようとしないことだ。
ビジネスでも、アートでも同じこと。恋愛でもセックスでもそうだろう。このレッスンは他のたくさんのことにも当てはまる。


オリジナルワンな生き方
オリジナルワンな生き方青木 高夫

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2010-03-15
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010年03月17日

【ヒグウェイ】「俺、アムウェイやりたいッス!」の"ヒグチ君"のために厳選した、「新社会人」になる前に買うべき本7冊

【注目&評判】「アムウェイやって儲けたい!」という後輩に、まずはこれを読みなさい!と言いたい記事
http://www.yomugakachi.com/article/137562155.html

1月の記事の中で最もアクセス数の高かった、この「アムウェイ×ヒグチ」について書き連ねた記事。

「おれ、アムウェイやりたいッス!」のヒグチも、今春から晴れて新社会人となるようです。

しかし、先日見かけた彼はまだ"ガングロ"のまま、溝の口駅の階段を二段飛びで駆け下りていました(汗)

あぁ〜、ヒグチの社会人生活が心配だ。


余計なお世話と知りつつ、そしてヒグチがブログを見ていないことを知りつつ…

もしかしたら、読んでしまった時のために…

私からヒグチに「社会人になる前に、読んでおくと参考になるよ!」という本をご紹介したいとおもいます。


続きを読む

2010年03月16日

【雑誌】本仮屋ユイカさんが「記録本」を読んで…。

100316-01.jpg

今日発売の「TOKYO Walker(創刊20周年記念特別号)」の中に、もう1冊織り折込まれている「Freshers Walker」(フレッシャーズウォーカー)があります。

フレッシャーズ、、、懐かしい響きやぁ。

はい、新社会人のみなさんに「新しい自分になれる!」というための応援ブックが特別号として折り込まれています。

表紙に写っているのは、本仮屋ユイカさんという女優さん。
(『世界の中心で、愛をさけぶ』(ドラマ)や『スウィングガールズ』(映画)にも出演されていた女優さん)

実はこの本仮屋さんのインタビュー記事で『大事なことはすべて記録しなさい』に関するお話が出ているというので、早速読んできました。

100316-02.jpg

学生生活最後の数カ月、違う道へ進む同級生との時間を大切に過ごしたという本仮屋さん。改めて社会人のスタートを切るにあたり、始めたことがあるのだとか。

「手帳にスケジュールだけではなく、見た映画、読んだ本、食べたもの。なんでも記録するようになりました。今まではまず仕事があり、授業があり、残りの時間はなんとなく過ぎていただんです。それが、どんな小さい予定でも書くようにしたら、自分の持っている時間がどう使わているのか、すごく意識できるようになって。スケジュールに振り回されるのではなく自分で行動できてる!と実感できたんです。これは社会人としての一歩が踏み出せたかなって」

おぉ、大事なことはすべて記録している本仮屋さんだ(笑)ありがとうございます。

巻末には「表紙インタビューの本仮屋ユイカさんはこの本をきっかけに万年筆デビューを果たし、記録術を始めたのだそう」というコメント付きで、3名の方に読者プレゼントまで用意していただいていました。
(たしか、愛用されているのはLAMYの万年筆だと聞いた記憶が…)

100316-03.jpg


13歳でドラマデビューをして、学生生活(大学を今春卒業)と仕事を両立させてきた、まさしくフレッシャーズな本仮屋さん。

まさにそんなフレッシャーズのみなさんに読んで頂きたい本でしたので…
担当編集者の和田さんと読んで、大喜びした私でした(笑)

本仮屋ユイカオフィシャルブログ
http://motokari.jp/blog/

大事なことはすべて記録しなさい
大事なことはすべて記録しなさい
ダイヤモンド社 2009-11-13
売り上げランキング : 3625

おすすめ平均 star
starありきたりな内容ではあるが
star「記録」の価値を考えなおすきっかけに・・・
star記録することの大切さを実感!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010年03月15日

【レイクロック自伝】ユニクロの柳井社長が、手帳に書き写した言葉。

100315-01.jpg

事業でも、アクションでもうまくいく秘訣は…
「Be daring(勇気を持って), Be first(誰よりも先に), Be diffirent(人と違ったことをする)」

ファーストリテイリングの柳井正代表取締役会長兼社長が、マクドナルド創業者のレイ・クロック氏の著書から手帳に書き写した言葉だそうです。

52歳でマクドナルドという事業を始めたレイ・クロック氏の人生も凄いし、柳井氏や孫正義氏も「バイブル」というのがわかる気がする。

勇気を持って、イノベーションを起こすこと。
ぬるま湯から一足先に抜け出すということが、重要なんだろうなぁ。

【読書メモ】『成功はゴミ箱の中に』@レイ・クロック

●未熟でいるうちは成長できる。成熟した途端、腐敗が始まる(レイ・クロック座右の銘)

●見た目も、行動も、スマートに。
最初に売るのは、自分自身だ。それに成功できれば、ペーパーカップを売るのは楽だ。

●景気の悪い時こそ…
景気の悪いときこそ、建てるんだ!なぜ景気が上向きになるのを待たねばならない?そんなことをしていたら今よりずっとカネがかかるようになる。土地が買うに値するなら、すぐに建物を建て、ライバルより先に店を開くんだ。カネと活気を注ぎ込めば、街はマクドナルドを覚えてくれる。

●柳井正が手帳に書き写した言葉
「Be daring(勇気を持って), Be first(誰よりも先に), Be diffirent(人と違ったことをする)」

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)
成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)Ray Albert Kroc

プレジデント社 2007-01
売り上げランキング : 2538

おすすめ平均 star
star52才で起業してマクドナルドを創った男
star素材は決して悪くは無いが、調理が下手糞で不味い料理になったようだ。
star面白い話の中に数々のヒントが!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010年03月14日

【企画術】空気を読めば、隠れたニーズが見つかる企画術!

100314-03.jpg
『空気読み「企画術」』跡部徹(著)

予想外なほど、のめり込んだ。面白い。

勉強会「聞くが価値」でも、どんなテーマ(企画)なら喜ばれるか?
本を出すにしても、どんなテーマ(企画)なら売れそうか?またはヒットするか?

このブログも常に、どんな「企画」を打ち出したらアクセスが伸びるのか?なんて考えているのです。

しかし、この「企画」というのが、どうもすぐ出てくるものではない。


そんなヒット企画がポンポン出てくれば、そうそう困らないと思うのだが…

世の中には「ヒット企画」を生み出せる人が、極稀にいる。


この本の著者の跡部徹さんも、そんな一人なのだろう。

この本に埋め込まれている企画を生み出すフレームワークや考え方が、私のように一般人(素人)でもわかりやすく書かれている。

そして、すぐに実践出来そうなこのばかり。

だけど、効果がありそうな方法。


個人の時代が進むほどに、企画力と言うのは大きなスキルになる。

世の中に点在している問題意識や不満と、どこかに解決できるリソースを組み合わせてみたり…
それがツイッター上や、ネット上や、リアルでも企画して試せる時代になっているもの。

その世の中のトレンドを、いわば「空気読み」できることは技術なんだと、この本を読んで納得した。

「KY」がダメだとか、読めるからいいという話ではない。

「空気を読む」というのは、時代認識がしっかりとできるということ。


この本を読んで、世の中の今と言う時代認識をした上で…

自分(達)がどんなリソースを持って解決出来るのか、という企画を生み出すキッカケとして頂きたい。

そうやって企画を出せる人が、ベストセラーも生み出せるし…
あなたのファンもどんどんとできる人になるのだと思う。

ぜひとも、オススメしたい1冊!


*【読書メモ】は長文になったために、「続きを読む」に追記。

「空気読み」企画術
「空気読み」企画術
日本実業出版社 2010-03-18
売り上げランキング : 148304


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む

2010年03月14日

【図解】『夢が現実化する「1枚図解」』を読んで。

100314-01.jpg

池田千恵さんの新刊『夢が現実化する「1枚図解」』を読んだ。

図解なんて、学校教育で習ったのか?いや、習った記憶がない。

チャートや、図をたくさんノートに書いた記憶があるものの…
基本的には黒板の板書(その多くは文字)を、そのままノートに書き写したもの。

いまさらながら、学校の先生が「図解達者」であって、図解を使って教えてくれればもっと分かりやすいのに…なんてことを思う。

図解すれば文字の羅列よりも、効果的に相手に伝わる。

そして、図解をして説明しようと思えば、その本質を理解しようと「自分」に対しても学習効果がある。


何かを伝えようとする機会が多い人には、積極的に「図解思考」を身につけることをオススメしたい。

そういえば、国会議員秘書のときに、いわゆる「レク」という省庁の方が議員に法案説明などをする機会がある。

やはり省庁のいわゆる役人という人たちは、凄い。


難しい法案を説明するときに、一瞬で図解をしてしまうシーンをよく見た。

あれは、法案とはなんぞや?もわからない私ですら、理解できてしまったのだから…

その図解説明力たるや、絶大だったものだと記憶している。

だからこそ、難解な法案を作り、抜け穴は伝えない。ということがお手の物だったような気も…

今更ながらに、思うところもあるわけで。


自分の思考が整理されないこと、自分の思考が伝わらないことに悩んでいる方は、ぜひ本書から「図解思考」を学んでみるといいことだと思う。

図解を活用するにしろ、しないにしろ「図解思考」は色んな場面で、きっとあなたを助けてくれるはずである。

*3月15日現在、まえがき部分が無料ダウンロードできるみたいですよ。

【読書メモ】『夢が現実化する「1枚図解」』池田千恵・著

●「頑張っているのになかなか夢を現実化できない人」に共通する特徴
@ 自分の現状を把握できず、身の丈を超えた高い目標を最初に掲げる
A 複数の目的を1つの手段でかなえようとする

●あなたの夢を周囲に話す前に、以下の3つの質問を自分に投げかけてみる
@ 目標は明確か?
A 準備はできているか?
B 達成できたらどれだけの効果があるのか?
*この質問にすべて答えられれば、あなたの夢が周囲に伝わり、応援してもらえる確率が高くくなります

夢が現実化する「1枚図解」
夢が現実化する「1枚図解」
明日香出版社 2010-03-19
売り上げランキング : 9313


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。