THEインタビュー101 vol.06with川辺秀美氏 | 鹿田尚樹の「読むが価値」

2009年02月10日

THEインタビュー101 vol.06with川辺秀美氏

どうも鹿田です。

早速の【ポッドキャスト配信】「THEインタビュー101」の第6弾!

ということで・・・

今回のゲストはコチラ!

カリスマ編集者の「読む技術」カリスマ編集者の「読む技術」 (新書y)
川辺 秀美

by G-Tools

(写真取り忘れた!汗)

元・カリスマ編集者であり、今は独立して株式会社スカイライター代表取締役。

『カリスマ編集者の「読む技術」』の著者・川辺秀美さんです。


「聞くが価値vol.01」の講師を務めていただきました・・・

マダム・ホー氏の書籍も担当編集などされていました。

ミリオネアの信用力ミリオネアの信用力
マダム・ホー

by G-Tools


今回は・・・

「読む技術」はもちろんのこと・・・

「カリスマ編集者時代」のお話や・・・

「売れる書籍の共通点」などの編集者視点のトークも盛りだくさん。

川辺さんの「エッジ」の立った視点をお聞きしてきました。


ということで・・・

【ポッドキャスト配信】はコチラから↓


________________________________________

★【前編】(約14分)

THEインタビュー101 vol.06【前編】with川辺秀美氏
http://interview101.seesaa.net/article/114008918.html

・自己紹介
・「カリスマ編集者」と呼ばれていた理由
・「読者離れ」が起きている要因
・「反骨精神」のクリエイター論
・「最初のインプットを間違えると、最後のアウトプットがズレる」
・『カリスマ編集者の「読む技術」』とは?
・「人と同じ情報の組み合わせでは、突き抜けられない」
・「誰も読んでない本を読んでいること自体が価値」


★【後編】(約16分)

THEインタビュー101 vol.06【後編】with川辺秀美氏
http://interview101.seesaa.net/article/114009196.html

・「カリスマ編集者」の売れる著者を見分けるポイント
・「その人の魅力は、その人のやってきたことでしかない」
・『ウケる技術』の出版裏話
・本(出版)のプロモーション戦略について
・「webのプロモーションはあまり効果がない(一過性)」
・「本質的なプロモーションは中身でしかない」
・出版社もどこと組むかも重要なポイント(大きいところ・・・だけではない)
・「組む編集者」との関係の重要性
________________________________________

約半年以上ぶりにお話させていただきました(汗)

「信用力」を大事にするマダム・ホー氏の信頼を得て、書籍を編集された辺りの理由もこのインタビューでお聞きいただければわかると思います。

今回は「書籍」の中で登場する「読む」ということについても・・・

大変に充実したお話が聞けたと思うのですが・・・

それ以上に「編集者視点」での出版に対するお話がとても貴重です。

・プロモーションの本質は「中身」
・webは結局「一過性」でしかない
・水野敬也氏の『ウケる技術』の秘話


などなど、とても面白いお話が目白押しです!

ウケる技術 (新潮文庫)ウケる技術 (新潮文庫)
水野 敬也

by G-Tools


著書の・・・

カリスマ編集者の「読む技術」 (新書y)
486248350X川辺 秀美

洋泉社 2009-01-07
売り上げランキング : 18676

おすすめ平均star
starよく噛んで飲み込めば栄養たっぷりの読書論
star本好きの人のための……
star斬新な切り口で興味深い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


と一緒に聞いてみてください!

ということで・・・

川辺さん、ありがとうございました!


【株式会社スカイライター】
「読み、聞き、伝えるコンサルティング」
http://www.skywriter.co.jp/


タグ:川辺秀美

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114010232
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。