【文章】たったのワンフレーズ?変えるだけで、大勢の注目を惹きつけられる"キャッチコピー"のつくり方 | 鹿田尚樹の「読むが価値」

2010年07月29日

【文章】たったのワンフレーズ?変えるだけで、大勢の注目を惹きつけられる"キャッチコピー"のつくり方

100729-1.jpg

良い商品なのに、なぜか売れない。
自分が書いたブログやメルマガの記事に、まったく反応がない。
徹夜して書いた企画書が、タイトルだけでしか読んでもらえない。

そんな経験ってありますよね?

これらはすべて"キャッチコピー力がない"のが原因である場合が、ほとんどだそうです。

一瞬で受け手の心に刺さり、気持ちをつかんでしまう「ネーミング」「タイトル」といった、キャッチコピーはどうやったら作れるのでしょうか?

そこで今日は……
「たったのワンフレーズ?変えるだけで、大勢の注目を惹きつけられる"キャッチコピー"のつくり方」をご紹介します。

たったのワンフレーズ?変えるだけで、大勢の注目を惹きつけられる"キャッチコピー"のつくり方


1. 自分に関係があると思ってもらう
ビジネス書のタイトルも、ブログの記事タイトルも「自分ごと」だと思ってもらわないと、手にとってもらうことはできません。すべての人が最も興味あることは「自分のこと」なのだそうです。「あ、これ自分のことだ!」と思ってもらえるような言い回しを使って、タイトルを作ってみましょう。

2. 短く言い切る
言いたい要素を短く言い切るだけで、相手の心に届くスピードは格段に速く出来ます。長々と伝えるのではなく、思い切って伝えるべきことを減らしてしまいましょう。「よくやった!感動した!」と言ったのは小泉純一郎元首相ですが、短いコピーだからこそ印象にも残るし、メディアも伝えやすいのです。長すぎるコピーを少し、短くしてみましょう。

3. 命令形で言い切る
最近、書籍などによく見られる「命令形のタイトル」ですが、命令形で言われると受け手から"反発"を受ける可能性があります。しかし、アンチの感情を持たせるということは、しっかりと心を動かしている証拠です。反発する一方で、命令形に弱い人も確実にいるもの。リスクが高い手法ではありますが、注目をあびるために、あえて命令形で言い切ってみましょう。

4. 問いかける
「恋を何年、休んでいますか?」といったコピーでドキッとしませんか?人間には、何かに問いかけられると「自然と答えを探す」という習慣があります。なぜ?と問いかけることで、受け手に一瞬でも注目、そして考えてもらえることができることになるでしょう。

5. ターゲットを絞る
一般的なタイトルも「35歳からの友達のつくり方」と特定の年代に向けるだけで、刺さる層がガラッと変わります。地域、年齢、性別など絞る方法はいくつもあるもの。「自分のことかな?」と思ってもらえるように、ターゲットを絞り込んでみましょう。

6. 情報を体系化する
「公式」「ルール」「法則」「基本」などは、タイトルによく用いられる基本中の基本。加えて「5つの法則」といった形で、数値を加えて体系化して提示すると、もっと関心を惹くことができます。どんな内容のものでも、あえて法則化してしまうことで、多くの人の関心を惹くことができるもの。点在している情報を体系化して、タイトルにしてみましょう。

7. 異質な言葉をかけ合わせる
「レバレッジ×○○」や「アライアンス×○○」といった言葉の掛け算も注目を浴びることができます。また「ドラッカー×女子高生マネージャー」や「猟奇的×彼女」といった異質な言葉の組み合わせも、注目度の高い掛けあわせ方です。言葉の掛け算で、強いインパクトが生まれますから、ちょっと異質な言葉同士をかけて造語を作ってみましょう。

まとめ


非常に勉強になる本でした。というのも、ブログも「タイトルが9割」と言っても過言ではないくらいに、アクセス数と直接関係があるものです。

「読むが価値」は造語の一種で、「言葉モジリ」のパターンですね。また著書の『大事なことはすべて記録しなさい』は命令形タイトルなので、やっぱり批判も多かった(命令されると読みたくなくなる!という感じで……汗)ですが、最初の一冊目なのでパンチが効いて良かったのかもしれません。

ツイッターやブログなどで書く機会も多い方や、ビジネスの現場で「ワンフレーズ」で人の心をつかむ必要がある方は、キャッチコピーのつくり方は非常に参考になると思います。

"販促担当者"や"政治家"だけに限らず「キャッチコピー力」は、これからの時代に必要なスキル!なのかもしれませんね。

今日の「"キャッチコピー"のつくり方」は、川上徹也・著『キャッチコピー力の基本』からの抜粋です。全部で77個の"キャッチコピー×テクニック"が紹介されています。
キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック
キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック川上 徹也

日本実業出版社 2010-07-22
売り上げランキング : 1890

おすすめ平均 star
star発信する側だけなく、受け手側にも必要なテクニックかもしれません

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。