【記録術】私たちが"伝説のノート"モレスキンを活用すべき5つの理由 | 鹿田尚樹の「読むが価値」

2010年09月13日

【記録術】私たちが"伝説のノート"モレスキンを活用すべき5つの理由

100913-1.jpg

「ノートなんて書ければ何でもいいんじゃない?」

確かに"書く"だけなら100円ノートでも、1冊2000円の高級ノートでも役割は変わらないかもしれません。

しかし、それでも経営者や一流のビジネスパーソンの中には、1冊2000円前後のモレスキンを愛用している人が少なくありません。

一体、それは何故なのでしょうか?

そこで今日は……
「私たちが"伝説のノート"モレスキンを活用すべき5つの理由」をご紹介します。

私たちが"伝説のノート"モレスキンを活用すべき5つの理由


1. 堅牢さ
モレスキンノートは、1冊の本のように頑丈な装丁がされているので、何年立っても利用出来るようです。短期間の使い回しではなく、長期間のストック(保管)を考えるならば、モレスキンに情報を保管するようにしましょう。

2. ボリューム
モレスキンは、小さめのポケットサイズのノートでも192ページのボリュームがあります。これは100円ノートの6倍以上で、1日数ページずつ使っても数ヶ月は使うことができます。書く分量を気にせず書くのであれば、モレスキンが適しているものかもしれません。

3. 規格化
ノートを保存する際に、サイズが統一されていることは重要なポイントです。モレスキンを愛してやまなかった作家チャトウィンは、将来の保管を考えて、事前に100冊のモレスキンを買い貯めしたそうです。ずっと使っていくノートだからこそ、規格化されているものが使いやすいものでしょう。

4. カスタマイズ性が高い
モレスキンのファンサイトでは、世界中の愛用者がモレスキンの使い方を公表しあっています。表紙をデコレーションしたり、タブを追加したり、あらゆるものを貼りつけてみたり……。自分にとって、使いやすい仕様にいくらでもカスタマイズできるのがポイントです。

5. 自分が安く見られないため
人はどこで判断されるかわかりません。大切な面談で100円のボールペンを使うか、万年筆を使うかで、相手への信頼度が変わるように、100円のノートか、モレスキンを使うかでも、与える印象は大きく変わるのかもしれません。物事を円滑にすすめるためにもは、自分が安くみられないことも重要です。高級ノートだと認知されているモレスキンには、そんな与える印象を変える力もあるのかもしれません。

まとめ


「書く」という役割だけなら、100円ノートもモレスキンも同じ役割ですが…、人によってはモレスキンを使うことで、大きな恩恵を受ける人も少なくないのかもしれません。

私も国会議員秘書時代から、使うツールには気を使っていますが、モレスキンは今では欠かせないツールの一つになっています。

1冊2000円と言うと、ノートの使い方に気を使うかもしませんが……
そんな方のために、モレスキンの活用術が1冊の書籍になって登場しました。

モレスキンを活用するための75の使い方が紹介されているので、実際にモレスキンに興味を持ったら、手にとってみてはいかがでしょうか?

今日の「5つのルール」は、堀正岳/中牟田洋子・著『モレスキン「伝説のノート」活用術』と拙著『記録本』からの抜粋です。モレスキン愛用者はもちろん、これから使ってみたい方にもぜひオススメです。
モレスキン 「伝説のノート」活用術〜記録・発想・個性を刺激する75の使い方
モレスキン 「伝説のノート」活用術〜記録・発想・個性を刺激する75の使い方堀 正岳 中牟田 洋子

ダイヤモンド社 2010-09-10
売り上げランキング : 29

おすすめ平均 star
starビジュアルと共に使い方が紹介されていて面白かった
star使い勝ってが良いノートが特別なノートになる!
star愛情に圧倒されました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

追記


このブログでも売れ筋である「モレスキン」のノートですが、なぜかAmazonで買うと市販の半値くらいで買えてしまう不思議。海外からの輸入なので、円高の影響なのかもしれませんが、1冊1000円前後で販売されています。小ネタということで。
Moleskine Plain Notebook Pocket
Moleskine Plain Notebook PocketMoleskine

Moleskine 2008-01-01
売り上げランキング : 37

おすすめ平均 star
starもっとも安く手に入る。
starハマります。
star10冊目

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。