【税金】給与所得者も必見?確定申告までに読んでおきたい税金の本―オススメの3選 | 鹿田尚樹の「読むが価値」

2011年02月28日

【税金】給与所得者も必見?確定申告までに読んでおきたい税金の本―オススメの3選

110227-01.jpg

みなさん、確定申告は済みましたか?

私は去年、締切ギリギリまで掛かってしまったのですが、今年は週末を利用して、なんとか書類を揃えることができました。

確定申告の書類を揃える中で、「サラリーマンでも必要経費が認められるのかぁ」や「還付金が早く戻ってくる方法があるんだぁ」など、新しい発見もいくつもあったものでした。

私もあまり得意ではありませんが、"給与所得者"でも、税金の基礎知識くらいは学んでおきたいものですよね。

そこで今日は……
「給与所得者も必見?確定申告までに読んでおきたい税金の本」を3冊ピックアップしてご紹介します。

給与所得者も必見?確定申告までに読んでおきたい税金の本


1. フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。
―きたみりゅうじ

2005年に発売されて以降「フリーランス・個人事業主」にとっては、まさに"バイブル"として確定申告シーズンに欠かせない一冊となっています。
現在でも多くの書店で、平積みされているケースも多く、給与所得者から個人事業者になった方や、タイトル通り"フリーランス"の方たちにとっては税金のわかりやすい入門書として人気を博しています。

「領収書がない経費はどうしたらいいの?」や「経費って一体どこまで積めるの?」といった、自営業者や個人事業主・フリーランスなら、一度は気になる"税金の仕組み"について、類書がないほど"わかりやすく"解説してくれるというのが本書の特徴です。

5年も前の本なので、今では変更点もいくつかあるかもしれませんが、まずは誰でもわかりやすい入門書としてオススメです。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。


2. 個人事業、フリーランス、副業サラリーマンのための 「個人か? 会社か?」から申告・節税まで、「ソン・トク」の本音ぶっちゃけます。
―岩松正記

…で、2冊目がコチラの本ですが、今回の記事を書くキッカケにもなった本です。

現段階では「個人事業・フリーランス・副業サラリーマン」にとって、もっとも分かりやすい"税金"の本です。特に給与所得者でも、最近"副業"が流行していることもあって、確定申告をする必要がある人も増えてきたかもしれません。しかし、いざ確定申告になると「白・黒」はっきりできない「グレー」な部分にぶつかることも多いものですよね。そんな「グレー」にも対応している本は、意外と少ないもので、これってぶっちゃけどうなの?という疑問が次々と解消していく本でした。

ちなみに私は書籍の印税や、講演料・原稿料などがありましたが、そのなかの「印税収入」が"変動所得"と呼ばれるもので、ある一定の条件に当てはまっていれば、税金の負担を軽くしてもらえるのだということを初耳で知りました。

プロ野球選手のように、1年あたりの年棒が劇的に変わるような人は少ないと思いますが、「税金のことは、知らない人が悪い」と言われる"税"の世界では、こういう豆知識もしっておくと必ず役に立つこともあるはずです。

税金に関する"へぇ"の宝庫でした。特に私のような"税金音痴"には、かなりお役立ちな一冊です。

個人事業、フリーランス、副業サラリーマンのための 「個人か? 会社か?」から申告・節税まで、「ソン・トク」の本音ぶっちゃけます。


3. すべての日本人のための 日本一やさしくて使える税金の本
―久保憂希也

3冊目は"税金"について、"小説"に近いスタイルで、分かりやすく解説してくれる本です。

配偶者がアルバイト・パートに出るときに「103万円の壁」(*追記参照)があるというのは知っていたのですが、それも少しずつ制度に変化があり、今はたとえ103万円を超えたとしても、働くことで課される税金によって「手取り」が少なくなる、ということも解消されてきているそうなので、「103万円の壁」はもうなくなっているそうです。

代わりに、税金ではなく、社会保険で"配偶者の扶養から外れる"ということで、手取り額が減る「130万円の壁」というのがあるそうです。よくある誤解だそうですが、知っておかないと色々と"お金"に直結するものですよね。さすがに、元国税勤務の方が書いているだけあって、色々と分かりやすかったです。

税金の細かいことはいいけど、本質的なことをサクっと知りたい!という人には非常に取っ付き易い税金の本になっています。

*追記:家計を助けるため仕事をする際に、給与所得が"103万円"を超えると、配偶者控除が出来なくなる。そのため、一気に所得税が増える可能性があるので収入を調整しようとすること

すべての日本人のための 日本一やさしくて使える税金の本

まとめ


給与所得者だとほとんど関心がないかもしれない"確定申告"と"税金"ですが、税金は切ってもきれない存在なので、やはり必要なことは知っておいたほうがいいものです。

先日、知人が「確定申告の還付金って、自営業者にとってはボーナスみたいなもんだよねぇ」と飲みながら話していたのですが、何も知らない人は多くの場合、随分と損をしているものだそうです。人それぞれかもしれませんが、還付される税金があるのであれば、少しでも多く還付された方が嬉しいですよね。

サラリーマンでも副業をする方が増えてきて、そろそろ確定申告の締切が気になっている方も多いと思いますが、そんな時は、ぜひ上の3冊を参考にしていただければと思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。