【健康】春到来!20代の身体を取り戻すための5つのAction | 鹿田尚樹の「読むが価値」

2011年03月06日

【健康】春到来!20代の身体を取り戻すための5つのAction

110306-01.jpg

季節の変わり目というのは、どうしても自分の体型が気になるものです。

夏の直前はもちろんですが、冬に蓄えた脂肪が目に見えて分かる、今の季節も特に気になる時期ですよね。

気温も上がり、身体を動かしてもいいかな?と思える季節になりつつありますが……

そろそろ、身体のことを考えて運動でも始めようという方も多いと思います。

そこで今日は……
「春到来!20代の身体を取り戻すための5つのAction」をご紹介します。

春到来!20代の身体を取り戻すための5つのAction


1. 自分の身体の状態を知る
理想の身体を手に入れようと思ったら、何よりも大切な事は、まず自分の身体の状態を知ること。"インボディ"という、体型分析や筋肉量を知ることができる最新の測定器などがありますので、スポーツジムなどで定期的に利用したいものです。

2. まずは"お腹まわり"から始めよう
実は、もっとも脂肪が付きやすい部位のひとつが「おなか」です。お腹まわりを特に鍛えるトレーニングとして「ドローイン」がありますが、まずは日常で手軽に取り組める「ドローイン」というトレーニングから始めるのがオススメです。お腹まわりは、特に変化の見え易い部分でもあるので、まずは、お腹から理想の自分を目指してみましょう。

30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド

3. 全身鏡を買う
身体を鍛えるときは、鍛えている部位に意識を向けてトレーニングすることが大切です。自宅でトレーニングする場合、全身鏡があるだけで、効果がグっと変わるものです。常に自分の身体をチェックすることにもつながりますから、まずは全身鏡がを用意しておきましょう。

4. 計画的に「水」を取り入れる
健康になるための一つの方法に、ウォーターローディングというものがあります。これは、水をこまめに飲んで体調を整えていく方法です。水を普段の生活に計画的に取り入れることで、脂肪の代謝を高めたり、食欲をある程度抑えられる、という効果もあるのです。どこでも手軽に飲める水を、こまめに飲み続けるようにしてみましょう。

5. ゆっくりと運動する
運動を無理なく続けるには、急にスタートするのではなく「軽い負荷でゆっくりと」が基本です。1日30分のランニングも、10分×3回でも十分に効果があるので、ゆっくりと走ることからスタートしてみてはどうでしょうか。有酸素運動と、週2回程度の無酸素運動(筋トレなど)が理想的ですが、まずはゆっくりとランニングをしてみることからスタートしてみましょう。

まとめ


花粉症の季節になり外を出歩くのはツライ!と思う部分もありますが、気温も上がり運動をスタートするにはちょうど良い季節が近づいてきましたよね。

今年は東京マラソンに出場できませんでしたが、来年の出場を目指して、個人的にも、そろそろ運動をスタートさせたいなと思っているところです(汗)

みなさんも、まずは「できること」から20代の身体を取り戻すことをスタートしてみてはいかがでしょうか?

今日の「5つのAction」は、阿部貴弘著『20代の自分を取り戻す 理想のカラダのつくり方』からの抜粋です。最近、カラダの脂肪が気になる方はヘルシアを飲む前に、ちょっと読んでみるのもいいのではないでしょうか?  

20代の自分を取り戻す 理想のカラダのつくり方
20代の自分を取り戻す 理想のカラダのつくり方阿部 貴弘

中経出版 2011-01-26
売り上げランキング : 442


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。